2017/09/12

教区長たちの議論が音声で流出!これでハッキリした

お母様の「独生女」主張の本当の中身は、「お父様は原罪あり、お母様は原罪なし」ということであるが、家庭連合本部はこれを誤魔化し、「お父様もお母様も原罪なし」を公式見解として発表してきた。

当ブログではこれまで、様々な面でこのような誤魔化しがこれ以上は通用しない証拠を突き付けてきた。


文平来 特別巡回師、お父様の有原罪とお母様の無原罪を示すスライド使用
金振春教授は、さらに衝撃的なスライドを使用!
UTSのミクラー教授、学会でお父様には原罪があったと発言!


そして先日、さらに重要な証拠が流出した。


【動画】
「反逆の加担者たち」


【日本語訳引用元】
cosmosのブログ「生き残りゲーム 時間稼ぎ大作戦!」


2017年4月24日、韓国で12時間30分に及ぶ全国教区長戦略会議があったとされる。その会議の目的は金振春教授の「独生子・独生女 真の父母論」講義及び質疑応答であった。日本で言えば地区長レベルにあたる韓国の教区長たちが、お母様の「独生女」主張についてどのように捉え、議論をしているだろうか?その要点を整理してみたい。


①教区長たちの議論の内容から、金振春教授の講義は、明らかに「お父様が原罪を持って誕生され、お母様は無原罪で誕生された」という内容であったということが分かる。


②「お父様に原罪がある」というのは、もともとお母様の発言であることを、教区長C、Eは認めているし、他の教区長もそれを前提として発言するか、異議を唱えない立場である。特に教区長Cはお母様が「お父様に原罪がある」と語られたことを「凄まじい衝撃」「統一家に混乱を招く」と考えている。


③教区長Aは、「お父様に原罪がある」というのは、お父様のみ言とも、以前の呉澤龍教授の講義とも食い違うと感じている。呉澤龍教授はお父様から直接、お父様は原罪なく生まれたと聞いてきた。


④教区長Dは、「お父様は原罪を持って生まれたのか、原罪なく生まれたのか?」という命題からすべての混乱が生じていると考えている。つまり、お母様の発言が、混乱を招いていると考えてる。


金振春教授はお母様が「牧会者たちに教育しなさい」と指示をされたので講義をしたのであって、自発的にしたのではないし、お母様が教材を作るように言われたのでやっていると自ら告白している。


教区長Eは、お母様が「お父様には兄弟がいて、彼らも原罪を持っているならば、お父様にも原罪がある」と語られていると認めた上で、それは原理的におかしいと発言している。


⑦教区長Eは、金振春教授がお母様に対して間違った考えを指摘しないので、お母様がこのようなことを語られていると感じている。


⑧教区長Fは、「お父様は原罪あり、お母様は原罪なし」の理論でいくと、お父様ではない別の男性とお母様が結婚しても真の父母になり得たのか?という疑問まで出てきてしまうと感じている。


⑨教区長Fは「お父様は原罪あり、お母様は原罪なし」を下の牧会者や一般食口たちに発表するのは、教区長である自分たちと相談してやって欲しい(勝手にこれを教育しないで欲しい)と言っている。


教区長Gは、お母様が最終的にどのように語られるかが問題なので、金振春教授がお母様に進言して「お父様もお母様も共に無原罪である」と大会などで語っていただけるようにして欲しいと言っている。


⑪教区長Kは、「お母様が聖婚記念日に語られた内容は、イエス様が独生子だとは語られたが、お父様を独生子だとは語られていない」と指摘している。


⑫教区長Mは、金振春教授の論文はまだ研究途中であり、確実なものでないにも関わらず、その段階でお母様に報告するので、お母様が「それで教育しなさい」と仰るのだ、と考えている。


教区長Mは、お父様に原罪があったという理論は混乱を招くと考えている。また、『原理講論』に基づいて考えた時、お父様は無原罪で誕生されたというのが妥当だと考えている。


⑭教区長Pは、結論として、金振春教授の「独生女論」はまだ十分なものではないので、お母様にそのように進言し、もう少し出来上がってから教区長に伝えて欲しいと語った。


以上の内容を通して、見えてくることをさらに整理してみる。


●お母様が「お父様は原罪あり、お母様は原罪なし」と語られていることは事実であることが分かる。


●金振春教授の講義も同様に「お父様は原罪あり、お母様は原罪なし」という内容であり、尚且つ、お母様の指示によって、金振春教授がこの教材(講義)を作成しているということが分かる。


●ほぼすべての教区長たちは、そのようなお母様のお考えを原理的に正しいとは思っていないし、神様から出てきたものだとも思っておらず、困っていることが分かる。


●金振春教授が不確実な理論をお母様に伝えるから、その影響でお母様がこのようなことを語られていると考える教区長もいることが分かる。


●教区長たちは、「お父様は原罪あり、お母様は原罪なし」の理論が現場に伝わると混乱が起こることを予想し、できればこのような教育をやらないで欲しいと考えたり、逆にお母様の発言が最終的に「お父様もお母様も無原罪」というところに収まるように金振春教授から働きかけて欲しいと考えたりしていることが分かる。


以上のように分析してみた。(もしも分析が不十分であるとか、客観性が欠けているということであれば、指摘をお願いしたい。)


事実がこうであるのに、現場の指導者や食口たちは「独生女」理論について全く知らないか、知っていても「お父様もお母様も共に無原罪」という話だという、本部の作り話を信じている状態である。


トップの指導者が組織維持を優先する政治的な体質を持っていても、現場の責任者や食口がお母様の「独生女」主張に関する真実を知れば、純粋な孝行心から立ち上がる人も出てくるだろう。本当にお母様を愛しているならばどうするべきか。この記事を読んでくださる一人一人の良心に期待したい。



応援して下さる方は、クリックをお願いします!


顯進様について知りたい方はこちら!
スポンサーサイト
2017/09/02

UTSのミクラー教授、学会でお父様には原罪があったと発言!

2017年5月29日~30日、ベルギーにおいて「世界新宗教学会セミナー」が開催された。テーマは「文鮮明の生涯と業績、そして学術的な観点での統一運動」であった。

その場に家庭連合の代表として参加したマイケル・ミクラー教授(UTS教授)と質問者とのやり取りは以下の通りである。(音声を収録した動画あり


------------------------------------
質問者:あなたは韓国語が分かりますか?
ミクラー教授:分かりません。私は金振春が国際指導者カンファレンスで説明したものを根拠として…
質問者:あなたは韓国語が分かりますか?分かりませんか?
ミクラー教授:私は韓国語が分かりません。
質問者:二つ目の質問です。あなたは文鮮明牧師がメシヤだと、救世主だということを信じていますか。
ミクラー教授:はい、はい、そうです。
質問者:分かりました。分かりました。それでは…(騒然となる)。
ミクラー教授:もし私が信じないとすれば、それならどうなりますか。
質問者:文鮮明牧師が、原罪をもって生まれましたか?
ミクラー教授:私は、タマルの勝利が聖母マリヤに連結されたように文鮮明牧師がイエスから使命を引き継いだその瞬間に原罪がない立場になったという金振春の解釈を支持する側として…。
質問者:失礼ですが、もうちょっと短くお答えいただけますか。
ミクラー教授:確実に言える訳ではありませんが、私は文鮮明牧師が原罪なく生まれなかったと信じています。しかし彼は特別に準備された血統ではありました。
質問者:あなたは文鮮明牧師が原罪をもって生まれたと信じますか?
ミクラー教授:そうです。
--------------------------------------
上のやり取りを見て分かることを整理してみる。

①ミクラー教授は、金振春教授の理論について、お父様は原罪を持って誕生され、16歳で原罪のない立場になったというものだと理解している。

②金振春教授がそのような論文を発表したのは、国際指導者カンファレンス(恐らく2017年2月7日に開催された孝情学術苑創立総会のこと)においてだと言っている。

③ミクラー教授は、金振春論文の主張を支持し、お父様が原罪をもって生まれたと信じている。

天法苑院長である金振春教授が、お母様のご指示で出発した孝情学術苑創立総会で発表した論文の内容が、お父様が原罪を持って誕生されたという衝撃的な内容であった。そこから考えても、お母様は金振春教授が、お父様に原罪があったという論文を書いていることをご存じであるからこそ、彼を重用されていることが分かる。そうでなければ彼がこのような主張を続けることは不可能である。

金振春教授本人は、今年4月24日の教区長たちとのやり取りの中で、お母様のご指示によってこのような教育をしていることを告白している。「まず、この内容は、とりあえずはお母様が『牧会者たちに教育しなさい』とされたので私が今講義をしました。自発的にしたのではありません。『教材をそのように作ってしなさい』と語られたのでやったことで…。」音声あり

このように、お母様のお考え、家庭連合でみ言の権威として位置付けられた金振春教授の見解、UTSのミクラー教授の見解など、最上部の見解は、「お父様は原罪あり、お母様は原罪なし」であることが明確になった。

日本の教学担当者たちも、この事実を知らないはずはない。ところが最上部の見解がこうなっているにも関わらず、日本家庭連合の教理研究院においては、「お父様もお母様も共に無原罪誕生」を主張している。(この主張自体も原理的に筋が通らない主張であるが。)

その理由は、彼らもお母様を中心とする最上部の主張(お父様は原罪あり、お母様は原罪なし)が非原理的な主張であることをよく知っているからである。そのため彼らはそれを必死に覆い隠し、フォロー可能な限界である「お父様もお母様も共に無原罪」を「本部見解」として貫こうとしているのである。

ここに彼らの価値観が現れている。本当の意味でお母様をお支えし、勝利していただこうとするならば、お母様の発言がお父様のみ言と食い違っていること、お母様がお父様の血統的アイデンティティを否定しておられること、それ自体に対して努力しなければならないだろう。

しかし彼らが力を注ぎ、苦心しているのは組織維持と自らの保身である。お母様の発言が外に漏れ伝わらないように、それと同時にお母様を中心とする最上部の機嫌を損ねないように気遣いながら、ギリギリのところで政治的な行動をとっているのである。

一人一人の食口が目の前のアベルの話だけを聞き、目の前の目標にのみ追われ、真の家庭の完成と摂理全体の成就に無関心であることが、このようなことを可能にしてしまっている。一刻も早く、より多くの食口がこのことに気が付き、お母様をお守りする道を選択することを願ってやまない。


応援して下さる方はクリックをお願いします!

顯進様について知りたい方はこちら!
2017/08/23

金振春教授は、さらに衝撃的なスライドを使用!

少し前、特別巡回師の一人である文平来氏が使用したスライドを紹介した。改めて掲載するが、以下である。

スライド画像 - コピー

神の血統は実線、サタンの血統は点線で表示されている上のスライドの中で、真の父母様の路程を表す一番右の図を見ると、お父様の生まれる以前の血統が点線(サタン血統)で表示され、誕生した立場が「メシヤ予定」という立場でしかないことに驚かされる。それに比較してお母様は生まれる以前から実線(神の血統)で表示され、イエス様が独生子として誕生したのと同様に、お母様も独生女として確定した立場でお生まれになったことになっている。

しかし、実はこのスライドは、もともとのさらに衝撃的なスライドを、文平来氏が書き換えて使用したものであった。

お母様の直接指示によって派遣された8名の特別巡回師は、7月6日、金振春教授の講義を受けて出発している。その講義で使用されたスライドは以下である。

S_6557630322719.jpg

このスライドの右側、真のお父様の路程を示す図に注目して欲しい。

お父様は誕生前が点線(サタン血統)として血統転換されずに誕生され、その時点では「メシヤ予定者」でしかない立場、さらに16歳までも点線(サタン血統)になっている。

お母様のみ言を引用する。
血統転換、私は母胎からだ。…アボジの歴史は、イエス様の仕事を受け継いだその時、その瞬間がお父様は独生子の資格だ。分かったか。そのことを知らなければならない。これまでの2千年歴史は、独生女を探して来られた歴史だ。」(2014年7月1日)

このお母様のみ言が意味することを、正確に反映したスライドが、金振春教授が使用したスライドであることが分かる。

では、この金振春氏の講義は単なる彼の個人的見解なのであろうか?

S_6557663308938.jpg

このスライドは、彼のプレゼンテーションの表紙にあたるスライドである。

金振春教授は、天一国の五苑のうち、天法苑院長であり、同時に天一国学術院共同院長である。つまり彼は、現在の家庭連合ではみ言の最高権威であり、彼の講義は、お母様が公認され、お母様のお考えを正確に反映したものであるということである。

そうでないとすれば、お母様はお父様の血統を否定する神学を掲げる金振春教授を罷免されなければならないはずである。また、家庭連合の責任者たちは直ちに金振春教授を罷免して下さるように、お母様にお願いすべきである。顯進様のことを「分派」などと呼んでいる場合ではない。

お母様によって派遣された特別巡回師は、金振春教授の講義をもって食口たちを教育することを願われたはずだが、ほとんどの特別巡回師は、お母様公認の金振春講義案を使用していない。

しかし、お母様に「しっかりやりました」と報告するための写真や映像も必要なのだろう。文平来氏だけは、撮影設備の整ったこの教会で、微妙に誤魔化したスライドで講義している。お母様は目がお悪いので、細部までは見えないかも知れない。このように、8名の特別巡回師は、お母様を「裸の女王様」にし、また食口たちをも欺く立場に立ってしまっている。

アダム家庭を蕩減復帰すべき真の家庭において、エバがアダムを逆主管してしまった現象が再現されたものが、お母様の「独生女」信仰である。お父様が霊界に行かれた今、その主管性はお父様の継代を継いだ摂理的長子である顯進様との関係性の中で、正しく立てられなければならない。

応援して下さる方は、クリックをお願いします!

顯進様について詳しく知りたい方はこちら
2017/08/21

顯進様に関する情報を知りたい方はこちら!

顯進様は、摂理的長子であられ、地上における神の摂理の中心人物です。
お母様を誰よりも愛しておられ、真の家庭に対して責任を持ってくださっているのも顯進様です。

今やお母様の「独生女」信仰はますます露骨に現れるようになり、多くの祝福家庭の方々が、真実に気が付き始めています。

そこで、顯進様に関して詳しくお知りになりたい方々のために、情報をまとめたページが準備されました。

こちらをご覧ください。

応援して下さる方は、クリックをお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
2017/08/17

文平来 特別巡回師、お父様の有原罪とお母様の無原罪を示すスライド使用

「やはり」というべきか、お母様の命を受けて日本に派遣された8名の特別巡回師の中に、お母様の「独生女」主張は「お父様は原罪あり、お母様は原罪なし」であることを示した人物がいた。その人物は文平来(ムン・ピョンレ)氏である。

彼が用いたスライドの中で、次のスライドは衝撃的なものである。
文平来特別巡回師スライド - コピー

この図の中で、実線は神の血統、点線はサタンの血統を表していることがわかる。

アダムとエバに関しては、生まれる前はもちろん実線(神の血統)、生まれてから長成期までも実線、そして堕落したので、完成期にあたる部分は点線(サタン血統)で書かれている。

イエス様と聖霊はどうだろうか?イエス様は生まれる前は実線(神の血統)であり、「血統転換」と書かれている。そして生まれた後も、実線(神の血統)である。聖霊に関しては、「独生女候補」ということだが、生まれる前も、生まれた後も、すべて点線(サタン血統)で書かれている。

最後に、お父様とお母様はどうだろうか?驚くべきことに、お父様は生まれる以前が点線(サタン血統)で書かれており、「血統転換不要」と書かれている。イエス様は「独生子誕生」と書かれているのに対して、お父様は「メシヤ予定」である。誕生後は実線であるが、16歳で「メシヤの引き継ぎ」となっている。反対に、お母様は生まれる前が実線(神の血統)で、「血統転換」と書かれ、「独生女誕生」となっている。生まれた後も実線である。

この図に関する文平来氏の解説は以下である。

「イエス様は血統を転換されて、神様の真の愛、真の生命、真の血統によって誕生されて、個性を完成された、そのような道を行かれました。しかしながらイエス様は、十字架にかかって、なくなってしまいました。・・・(中略)・・・イエス様は来られましたが、独生女を探し立てることができませんでした。それで子羊の婚宴を成すことができずに、その結果、天地人真の父母となることができなかったので、その結果、重生、復活の役事を成すことができなかったのです。再び、その道のために来られた方が、再臨のメシヤです。今日、我々が侍っている真のお父様と真のお母様です。再び来られるメシヤは、血統転換は必要ないです。何故かと言うと、すでにイエス様が血統転換された土台の上に、一人息子として生まれたからです。その基台の上に、心情的に一体となれば、再臨のメシヤの出発ができるからです。お父様の路程は、16歳の時に、イエス様からメシヤの使命を引き継いで、個性を完成され、探し立てるべき独生女、お母様を、探すことができました。お母様は、サタンの血統を全部転換して、サタンの血統と関係のないお母様として誕生されて、個性完成の道を歩み、初めて独生子と共に子羊の婚宴を成し、家庭を完成して、人類の天地人真の父母となられたのです。」

お母様が2014年7月1日に語られたみ言を引用する。

血統転換、私は母胎からだ。アボジの歴史は、イエス様の仕事を受け継いだその時、その瞬間がお父様は独生子の資格だ。分かったか。そのことを知らなければならない。これまでの2千年歴史は、独生女を探して来られた歴史だ。」(2014年7月1日)

文平来氏の用いたスライドと解説、そしてお母様が今まで語られた内容から見て、お母様の「独生女」主張に関して、以下のことが明らかに理解できる。

「お母様は、イエス様が血統転換を通して無原罪でメシヤ確定者としてお生まれになったのと同様に、無原罪で独生女確定者としてお生まれになった。一方でお父様はイエス様が無原罪の独生子として生まれた基台があるため、血統転換は必要なく、原罪を持って生まれ、しかもその時点ではメシヤ確定者ではなく、メシヤ予定者であり、16歳でメシヤの使命を引き継いだ立場である。」

最後に、家庭連合の指導部が必死に否定しようとする、お母様の「クリスマス発言」の内容である。

「私は腹中から3代一人娘の母系として血統転換し、原罪を清算して純血で誕生した独生女だ。ところがお父様は原罪を持って生まれた。私は一人娘として生まれたが、お父様には複数の兄弟がいる。お父様が原罪なく生まれたなら、その兄弟たちも原罪がないという話になる。したがってお父様は原罪なく生まれたのではないということだ(2016年12月25日、参加者の証言)

原罪を持って生まれたお父様は、原罪なく地上に生まれた独生女に会って原罪を清算した。したがって、お父様は私に会う前に、他の女性との結婚をしてはいけなかった」(2016年12月30日、参加者の証言)

これらは参加者の証言であるが、文平来氏の解説内容との一貫性を理解することができる。また現在、お母様が最も重用している神学者である金振春教授の論文も、同様の流れの中にある。

そしてベルギーで行われた学会(CESNUR)では、統一教会の代表として参加したUTS(統一神学校)教授が、お父様には原罪があったと述べている。このことは、後日、記事にしようと思う。

第一、第二のお母様の失敗ゆえに、お母様の行かれる道は困難を極めている。消化しきれない「恨」の思いが、お母様の「独生女」主張につながっている。すべての祝福家庭は、お母様を愛するということが、決して「独生女」主張を鵜呑みにすることではないということを、悟らなければならない。

応援して下さる方は、クリックをお願いします!

顯進様について知りたい方は、こちらをクリック!