2017/11/18

FPAで活動している食口の証し3

 大学でキリスト教を知り、キリスト教とそれを取り巻く思想について関心を持っていた私は、1984年にお父様を知り1988年に6500双の祝福を頂きました。当時の私にとって、摂理とよばれる活動の中で、真の信仰者のあるべき姿が如何様であるかが、私の最大の関心事であり「お父様の伝統を相続した、本物の信仰者(当時の表現)でありたい」と願っていました。神様は、私のそんな祈りに応え、私を1989年9月よりアメリカの統一神学校に送ってくださいました。そこで私は神様が私をそこに送られた真意を祈り求めました。与えられて答えは、「外国という肉親の親・サタンの血統から相続した権利が有効でない場所において(殆どの人権が公に認められない場所)、お父様が最初に取り組まれた8段階の復帰を追体験することが最も重要なことである」という回答を得て、それに取り組む事を決意いたしました。

 決意したといっても、就労を初めほとんどの権利が認められない状況において、どのように生活し、どのように8段階を歩むべきかは、大きな課題でありお父様のみ言葉と祈祷のみが糸口でした。その中で、お父様が学生時代在日同胞韓国人からささえられていたことに気付き、私も地元の日本人が経営するジャパニーズレストランの皿洗いから僕の僕となって出発することとしました。その後、私の熱心さをオーナーをはじめシェフやウエイトレスまでも認めて下さり、自国民同様の扱いをしてくださるようになりました。その後、ニューヨークシティーに基盤を持つ日系企業のオーナーのもとで働くことになりましたが、その方はお父様を受け入れていましたが信仰生活がまだ立っていない方で、私がそのオーナーに仕えながら彼を逆に教育するというような立場となってしまいました。その後、相対者の献身的努力も実り最終的にオーナーは神学校の教授の一人と祝福を受ける事ができました。しかし、この会社は1994年に倒産してしまい、私たちは日本において再出発をしなければならなくなりました。

 日本に帰ってから、相対者の出身地である地域の教会に帰国の報告をして、その地域の教会に所属したい意志を伝えました。しかし、人事の書類がないという事で受け入れてもらう事ができず、私は独自に私の信仰を貫く以外に道がなくなってしまいました。そこで私は、やがて来たるべき時にお父様やお子様(お父様の勝利権を相続される方)達に役立つ社会的な立場を築くべく一般社会の中で努力していくことを誓い、教会を後にしました。

 その後、紆余曲折を通過しながら、最終的にはアメリカを代表する世界的企業の一つが日本に子会社を創設する際に、奇跡的にそこに受け入れられ、その流れでヨーロッパに本社を持つ別な世界的企業の日本支社長になることが出来ましたが、現在は独立しております。今は2つの会社を経営し、アセアン経済に影響を及ぼすことのできるNPOの理事も拝命しております。全てを神様と真の父母様への捧げものとして活動してまいりましたが、2015年にFPAと出会うまで安心してすべてを話し合う事のできる人は家族以外に存在せず、「人の子にまくらするところはない」と言われたイエス様や、御旨を一人で切り開かれたお父様の心情だけがよりどころでありました。現在私の会社やNPOの中には、私の経歴を熟知した上で支援してくださるクリスチャンや牧師、イスラム教の司祭もいらっしゃいます。

 このような私には、教会から追い出されても、独自で真実の道を求めお父様の力をかりずに自身の基盤を作ろうとされた顕進様の決意と行動はよく理解できます。お父様の伝統の相続とは、作法や儀式の仕方・権能を引き継ぐのではなく、真のお父様が作られた勝利権の相続であり、お父様が通過された路程を通りその器を準備しなければ受け取ることができるはずのないことです。また何の条件のなく相続することは、サタンが許すはずもありません。顕進様がお父様の元を離れることは、ある意味必要であった通過点であり、お父様の勝利権を相続する為に通過せざるをえなかった、顕進様の苦役路程であったと感じています。お父様の勝利を相続する為に、縦的な愛を貫き横的死を通過しなければならないことは、孝進様や興進様を見ても理解できます。また、顕進様のみ言葉や方向性を見ると、ホームチャーチ・南北統一等お父様の摂理の目標に基づき、お父様の目標とその心情圏を相続されていることがその言動行動から理解できます。お父様と顕進様は、神様の御旨を成就するための夢の親子チームに見えます。

 顕進様は、ご自身の努力でお父様の勝利権を相続する立場を造られ、今後その勝利をさらに発展させ地上天国の実現に向けて歩める方だと感じております。地上天国の実現こそが神様の創造目的の完成でありそこに必要なものは神殿や大伽藍ではなく、真の愛を中心に為に生き会うことのできる家庭を中心とした社会・国家・世界の実現です。顕進様の家庭こそが、その中心となる真の愛の実現した理想家庭であると実感しております。

東京在住、泉顕一(匿名)



応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2017/11/17

FPAで活動している食口の証し2

昨日に引き続き、FPAで活動している食口の方の証しを紹介します。

証し2
 体調を崩し、しばらく入院しておりましたが、退院してから美しい秋晴れの空を見上げることがありました。その時、一瞬秋風と共に空に浮いていた白く雲がサッと消え、突如真青な空になりました。これは顯進様が、“このような真青な空のような人間になりなさい”と言っておられるのだと実感致しました。

 今まであまりうまくいかなかった人間関係の固い扉が開き始めたのを感ずることができました。今まで親切そうであった人々が急に冷たく去ってしまったり、難しいと思われていた人が実はそうでなかったりと驚くべきことがたくさんありました。

 私は細々と小さな商売をやっておりますが、いつも消極的で、平凡で、家族がどうにか暮らして行ければ良いという程度でしたが、顯進様と共に征くという決意をしてから、急に客が増え始めたような気がします。雨のひどく降る日に通りすがりの40代の青年が突然店に入ってきて、“守護霊様がこの店に入れ”と言うのですよ、“こんな不思議な店は初めてです。この店は来年から人が溢れて仕方なくなるでしょう”本当にビックリしました。顯進様と共に、世界の平和と理想家庭のことを考えるならば、必ず店は繁盛するという確信はあったのですが、本当に実現していくとは、嬉しい限りです。顯進様の御家庭が勝利されたことが人類にとってどれほどの喜びのことなのでしょうか。

 個人の店が繁盛するとか、健康がよくなるとか、そのようなものの比ではないのではよくわかりますが、世界人類がこの心情圏を共有できる日が近いことを願ってやみません。

(横浜市在住N.K.さん)

応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
2017/11/16

(再告知)11月19日(日)櫻井節子夫人講演会開催!櫻井正上さんも参加します!!

 先日のブログでもお知らせしました通り、11月19日(日)に櫻井節子夫人を迎え「顯進様に見る希望」と題した講演会を開催します。日本の統一運動を長年支え続けてこられた櫻井夫人が、統一家の現状を深刻に憂い、いま何を思っていらっしゃるのか、組織から批判されることを覚悟に顯進様に会いに行かれ、その実態に触れて何を感じられたのかを語られます。アメリカ巡回講演会から先日帰国したばかりですが、一人でも多くの方に伝えたいと体に鞭を打って話してくださいます。また、櫻井正上さんもこの集会に参加され、ご自身の立場から櫻井夫人とは異なる角度でお話をされます。「見るな、聞くな、触れるな」とはなから敬遠されるのではなく、ぜひご自分でお確かめになり、ともに考え、話し合えればと思います。

開催日時や場所などの詳細は以下の通りです。

日時 :2017年11月19日(日)14時から17時
場所 :TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター、カンファレンスルーム4P
         (東京都中央区京橋1-7-1戸田ビルディング4階)
参加対象 :全祝福家庭(高校生以上)
参加費 :1,000円
参加申請方法 :オンライン(こちらから
     電話042-430-2714
     メール yuusinokai2016@gmail.com
         電話、メールで申請される方は、お名前とご一緒にお電話番号、
                       メールアドレス、この集会をお知りになったきっかけをお伝えください。

171119櫻井夫人講演会再告知チラシ  

応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
2017/11/16

FPAで活動している食口の証し

 日本のFPAで活動している食口が実際にどのような思いを持って歩んでいるのか、FPAと接点がない方には知る機会が限られていることと思います。今回数名の方が、「FPAに入り良かったことや日々どのように歩んでいるのか、なにか変化が生まれたか」について証しを書いてくださったのでこれから数日に分けて紹介致します。

証し1
FPAに来て良かったこと:「自分が神様につながり、神様とともに歩んでいることを日々、実感するようになった」

 私は6500双、CARP出身、元世界日報記者の男性です。30年にわたって統一教会(→家庭連合)に所属していましたが、3年前にそこを出て、BFA(現FPA)に来ました。

 FPAに来て良かったことはたくさんありますが、最も大きいのは、自分が神様につながり神様とともに歩んでいることを日々実感するようになった、ということです。統一教会で歩んでいた時は恐怖信仰というか、自己否定信仰というか、「自分に神様が直接関与されることはない」「苦労して苦労して報われなくても、蕩減条件の足しになれば、それでいい」「とにかくメシアである真の父母様を不信しないことが信仰の本髄だ」と思い込んでいました。精神状態はいつも灰色の雲に覆われたような感じで、礼拝に参加しても、まったくと言っていいほど復活することはありませんでした。神様もご父母様もどんどん手の届かないところに行かれ、清平で多くの先祖を解怨した人は霊的にスッキリし、私のような低収入の人間は解怨されることもなく底辺を這っているような、そんな惨めな感覚がありました。

 ところが、押入れの奥にしまっておいた顕進様の本『心情文化創造の主人』を引っ張り出して読み返したところ、私の信仰観が根本的に間違っていたことに気付かされました。一言で言うと、その時、「神様は直接、私に働かれる」ということを知ったのです。それまで、真の御父母様が言われること、中心者の言うことを従順にやることが信仰だと思い込んでいました。正に、僕(しもべ)の信仰から抜け出せていなかったのです。顕進様は「私が(も)神の子であること」を気付かせてくださったのです。そして、BFAの組織も、顕進様が進めておられるプロジェクトも、すべてがそうした主体性に基づいて成り立っていることを知り、感動しました。それまで覆いつくしていた黒雲はパーとなくなり、心には希望と喜びが広がりました。復帰された当時以上の覚醒感がありました。それは3年経った今も変わりません。自分をみじめに思ったり、神様との距離を感じたりすることはありません。神様はいつも私とともにあり、一緒に悩み、一緒に歩んでくださっていることを感じるのです。

 ついでに言うと、私はどちらかというと、外的摂理が好きな人間です。顕進様の言葉や行動はどこの人たちにも通用し、イニシアティブが取れるものだと感じています。その意味で、顕進様のなさるプロジェクトは展望に満ちています。顕進様なら、私が復帰された時に抱いた「神様の下の一家族世界」という夢を実現できるかもしれないと思えるのです。私が家庭連合ではなくFPAにいる理由はこの為でもあります。家庭連合では外的摂理は絶望的ですから。

(埼玉在住 マーくん)

応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
2017/11/11

櫻井節子夫人の米国巡回講演の近況報告及び11月19日東京での講演会開催のお知らせ

只今櫻井夫人は全米5都市を巡回中です。途中ですがその写真と参加者の感想の一部をお伝えします。

写真)
_MG_9867.jpg
11月3日シアトル
 櫻井夫人米国巡回サンフランシスコ
11月5日サンフランシスコ
 櫻井夫人米国巡回シカゴ
11月8日シカゴ

参加者感想)
整然とした話の展開と、3つの観点からの考察が、現状況を理解するにおいて分かりやすかったです。神様の摂理とお母様に対する顯進様の真の心情に対する生きた証しでありました。(シアトルの米国食口)

日本の指導者のなかで、8年間、誰も顯進様に会いにいかなったということを知り驚きました。お互いに話し合う事もせずにどのように神様の家庭を成して行くことができるでしょうか。(シカゴの米国食口)

今日はどうもありがとうございました。私達下の者にはなかなか本当の教会の内容が届かず、ここ何年かのうちにあらゆる方向から情報が入って来て、ショックで祈ることが出来なくなっていました。これから何を祈ってゆくか答えが出て来たみたいです。(匿名の在米食口)


櫻井夫人は14日に帰国し、その5日後の19日に「顯進様に見る希望」と題して東京でも講演会を開催します。

詳細)
日時:2017年11月19日(日)14時から17時
場所:TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター、カンファレンスルーム4P
       (東京都中央区京橋1-7-1戸田ビルディング4階)
参加対象:全祝福家庭(高校生以上)
参加費:1,000円
参加申請方法:
  1.オンライン申請はこちら
  2.Email:yuusinokai2016@gmail.com
  3.TEL: 042-430-2714
    ※メールや電話での申請の際は、名前・連絡先・集会を知ったきっかけをお知らせください
「愛の反対は憎しみではなく、無関心である」というマザーテレサの言葉は有名ですが、
これまで多くの食口が真の家庭の問題に対してあまりに無関心であったのではないでしょうか。
真の家庭の現状を憂い真の家庭が一つになることを願う方、
また教会の根のような立場で教会のために献身してきた櫻井節子夫人が何故FPAに入ったのか、
様々な情報が錯綜するなか真実を求める方は、是非会場までお越しください。

教会が行くなという状況で会場まで来るのが大変なことは承知しております。
しかし、櫻井夫人もまた霊的生命をかけて真の家庭の問題に向き合い、
教会から迫害され誤解されても真実を求めて歩んでいかれました。
真実に触れる門戸は開かれています!
 20171119櫻井夫人後援会チラシ 

応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ