2017/03/13

2017 GPC グローバルピースコンサート inマニラ大成功

「中央日報」の記事からマニラ=ミン・ギョンウォン記者 storymin@joongang.co.kr

Kポップの力「One K・グローバル・ピース・コンサート」
「ワンドリーム!ワンコリア!ワンワールド!"3月2日午後8時(現地時間)、フィリピンの首都マニラにあるSM MOAアリーナに集まった1万人余りのK-POPファンが歓声を上げた。ソウルでもないマニラの地で「一つの夢、一つの韓国(One Dream、One Korea)」と書かれたペンライトを振って「一つの世界」への願いを明らかにした。国内外から850余りの市民団体が参加し、Kポップを通して若年を中心に統一のために、国際社会の支持を集めることを目的に企画された「One K・グローバル・ピース・コンサート」は、こうして幕を上げた。


ドラマ「太陽の末裔」のOSTにファン熱狂
B.A.P・B1A4・AOA・BTOBなど、Kポップブームを率いるアイドルグループが順番に舞台に立った。各チームごとの舞台も華やかだったが、目的にあった特別な舞台が目立った。フィリピンで特に人気が高かったドラマを選別し、OST舞台を披露した。AOAのチョアは「太陽の末裔」の挿入曲、「ユー・アー・マイエブリシング」を、B.A.Pのテヒョンとヨンジェは「花より男子」の「パラダイス」を歌い爆発的な反応を引き出した。舞台の後のスクリーンにドラマのハイライト映像が流れ、声が一つとなり響いた。

CNBLUEとシャイニーが舞台に上がり雰囲気は高まった。日本・アメリカなどでツアーを続けているグループゆえに、流暢な英語でファンとの共感を形成した。CNBLUのイ・ジョンシンは「平和統一を念願するコンサートに、共にすることができ光栄です」とし「統一が成されたら、北朝鮮で公演したい」と明らかにした。最後の舞台を飾ったサイは、「4月にカムバック予定だ。期待してほしい」とサプライズ発表した。シャイニーのミノとAOAのソリョンがMCを務め、公演が予定より1時間遅れて開始されたにも関わらず、3時間10分の間ファンを熱狂させた。

統一を念願する内容が込められた「ワンコリア」
韓国版「We Are The World」を標榜した曲「ワンコリア」も初めて公開された。マイケル・ジャクソンなどのプロデューサーとして有名な、ジミー・ジャムとテリー・ルイスが製作した曲で、昨年12月に韓国を訪問しインスピレーションを受け、そのような内容が含まれている。

ジャム&ルイス「この歌でグラミー賞受けたい」
シャイニー・AOA・サイ...マニラでファンと「ワンコリア」叫び、ルイスは「平和のように抽象的な概念は、どんどん表現してこそ実体になる」と述べた。歌詞も「私たちが夢を見るのなら、統一は成される」など、具体的に願いを込めた。ジャムは「韓国だけでなく、全世界の多くの国の人々がさまざまな形の分断に直面している」とし「彼らが再び会えるよう希望を込めたこの曲が、一つの生命体となって、より多くの国でより多くの歌手が参加できたら嬉しい」と説明した。今年6月に“ソングライターの名誉の殿堂”に上がる彼らは「今回の歌で6回目のグラミー賞を受けれたら」と語った。

イベントを後援したGPFの文顕進議長は「音楽は普遍的であり、国籍や人種を超越してメッセージを伝える」と語り、「1回限りのイベントに留まらず、より多くの平和の歌を製作し、世界各地で“One K グローバル・ピース・コンサート”を継続する計画だ」と語った。この日の英語版として公開された「ワンコリア」は、韓国語版とピーボ・ブライソンなど海外アーティストが参加するバージョンが追加公開される。この日の公演は、3月中にKBS1で放送される予定である。




マニラでのコンサートのテレビ・ニュース
https://www.youtube.com/watch?v=VQXQG80GXCg

コリア・タイムズのコンサートのニュース
http://m.koreatimes.co.kr/phone/news/view.jsp?req_newsidx=225042

Kポップ・ニュース
http://www.hellokpop.com/exclusive/10-reasons-why-one-k-global-peace-concert-manila/

参加したフォールナー博士に関する韓国経済新聞のニュース
http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=2017030297591

フィリピンのニュース
http://www.sunstar.com.ph/manila/local-news/2017/03/02/leaders-call-moral-and-innovative-leadership-global-peace-convention

http://business.mb.com.ph/2017/02/26/leaders-tackle-role-of-business-to-peace-and-sustained-development/

http://www.manilatimes.net/ph-aseans-lead-economic-force/315147/

ウガンダのニュース
http://www.newvision.co.ug/new_vision/news/1447663/promote-peace-harmony-deputy-speaker

パキスタンのニュース
http://pakobserver.net/manila-call-to-oppose-exclusivists-supremacists/

以上Dr. Hyun Jin Moonのオフィシャルブログサイト「One Family under God」より
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

フィリピンにしてみれば、外国のイベントになるのでは?

フィリピンで活動するのになんで、ワンコリアなんですか?
フィリピン国内だって貧富の差、格差社会、麻薬問題等、様々な問題があると思います。
結局、GPF活動って韓国至上主義の活動なんですか?
平和運動を行うのなら、フィリピン国民に受け入れてもらうなら、当然フィリピン国内の問題を解決するような活動をすべきだと思います。
フィリピンで大会をすると、結局関係者がフィリピンでお金を落としてくれて儲かるから喜んでいるだけの様な気がします。