FC2ブログ
2016/07/21

第49回真の神の日-顕進様が語られたメッセージの要約

1月8日にシアトルで行われた第49回真の神の日において、顕進様が語られたメッセージの要約です。

顕進様は今年1月1日と同じように、2016年度の出発を置いて、特別な祈りを捧げ、訓読会のみ言を通して、今年の真の神の日は、天宙史的な葛藤が始まって以来、8番目に迎える神の日として摂理的に葛藤の7年路程を終え、新たに出発する意味があると言われました。

顕進様は今年全ての祝福家庭が意識し、生きなければならない一年の信仰的テーマは「贖罪を通した新たな出発」だと言われました。私たちが新たに出発するためには、過去7年間に渡って祝福家庭が犯した間違いに対して必ず贖罪の過程が必要であり、これは誰かが代わってくれるのではなく、自らの個人的な責任分担を通して行われるべきだと言われました。

続いて顕進様はこれから、私たちにとって最も重要なことは、どのように神との関係を結んで生きて行くのかであり、私たちの生活の中心に神を迎えて共に生き、神様の心情と私の心情が共鳴する中で、自分の心情と良心、知恵が神に似て成長していくことができなければいけないと言われました。このような生活の第1原則は、まさに "為に生きる真の愛の原理”だと言われ、この原則に基づいて、人間に対する神の期待が何であるかを明確に知り、神のみ旨を成し遂げていく真の道具になろうと言われました。

顕進様は、私たちは、真の父母様と真の家庭の価値を正確に理解し、神の理想を実現することができる真の父母様の息子、娘にならなければならないと強調し、特にメシアとして来られた真のお父様が神の子であり、長子として神に正しく侍る真の孝の見本を、人類の前に示されたことを忘れてはならないと言われました。私たちは、真のお父様を神の真の孝子として称え、彼の人生を継承していく時、真のお父様の人生と業績を最も表わすようになるのであり、真のお父様を神格化するのは、神だけでなく、神の真の息子として来られた真のお父様まで冒涜するものだと言われました。

顕進様は、子供の教育に対しても多く強調し、これまでの統一教会は子供を良い学校に送り、純潔で祝福だけよく受ければいいと教えてきたが、最も本質的に祝福家庭の子供たちが、神の心情と真の愛の本質を相続して似るように指導しなければならないと言われました。したがって、彼らに原罪がないからといって特権階層のように育てるのではなく、真の愛の実体的な所有者になるように挑戦させなければならず、若い時、自然の中でのアドベンチャー修練は子供の教育に非常に重要であると言われました。

顕進様は私たちの使命について、最終的には祝福を普遍化させていくべき責任と使命があると言われました。これに対してお父様はすでに祝福の普遍化をおいて、事前に布石を全て敷いて置かれ、決してその過程が祝福の価値を薄くさせたり、基準を下げることがあってはならないと強調されました。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ
にほんブログ村
2016/07/20

新年午前零時の顕進様の祈祷(後半)

HJN祈祷

「お父様、私達が人生においてたとえどんな挑戦や、克服出来そうにもない障害に直面したとしても、そして人間としてどうしようもないもろさや弱さに突き当たったとしても、お父様、あなたを通して、そしてあなたへの献身と、あなたのみ旨を実現したいという私達の決意を通して、私達は克服する力を見つけ、再新と再生の力を見つけることができるということを知りました。その道を開らく戸とは、お父様、謙遜と感謝の戸であります。

私達の真の家庭は現在分裂しているように見えますが、全てが終わった訳ではありません。真の家庭がもう一度一つになれるように、あなたが私の家族の者達を導かれるように、特に霊界におられる私達のお父様と共にお祈りする次第であります。こんにち、私達の元に真の家庭が三つに分かれて現れてきました。しかしそれはただ一つでなければなりません。私達は天がどのように役事されるのか知っています。それは、あなたの前と天の前で、私達の見せかけを脱ぎすてて絶対的に正直になることです。

お父様、私達はあなたの真の息子・娘になること以外で、価値のない諸々のことは全て捨てさせてください。あなたの真の息子・娘として本当に立ちあがる為に、私達に高潔さと神聖さを与えてくれるものだけを掴んでいけるようにして下さい。お父様、あなたの前にいる息子として、そしてお父様の遺志(legacy)を継承していく息子として、私は私の前に準備された内容と、過去の全ての努力の結実として与えられた機会に対して、謙虚にならざるをえません。

お父様、2016年は第2次7年路程を始めるにあたり、あなたの実体的王国の建設基盤を立てる為に、なすべきことがあまりにも沢山あります。あなたの摂理的タイムテーブルにおいて、韓民族だけでなく、さらに重要な世界とあなたの摂理においても、2015年は希望と約束が示された1945年と多くの同時性があります。こんにちの状況はその当時ととてもよく似ています。私は、あなたがこの地上で摂理を作り始める為に、自分の責任分担を全うしようとする、真の担い手達の舞台を準備してこられたということを明確に知っています。

お父様、あなたの種はまだ死んでいません! あなたの主権はまだ消えていません! そして、この我が身に一握りの力でもある限り、あなたのみ旨を… 、あなたのみ旨を…、(とどめもない涙と絞り出すような声でしばし聞き取れない) あなたのみ旨は必ず成し遂げられるでしょう!そしてあなたの霊と恵みは何千何億の生命に触れることでしょう!救援と永遠の恵みを約束した根っこであるところのあなたの祝福は、堕落してサタンの無知と恥辱の束縛の運命にある息子・娘達を、あなたのもとに取りもどし、彼らを真に神聖で高尚な息子・娘へと導くでしょう。そうして彼らは地上の天国にあなたの主権王国を建設する偉大な夢に燃え上がり、ひとつずつひとつずつ家庭を立てていくのです。

お父様、今日この場に参席できない私の家族全員を、どうぞ心にとめてください。彼らにあなたの愛と恵みを感じさせて下さい。彼らの心情を貫き、あなたと出会える為の本当の窓と戸である謙遜さを見つけだし、お父様、もう一度私達の家庭が一つになるようにさせて下さい

お父様、今年は年の初めから、あなたの摂理において、始めないといけないことがとても多くあります。特に韓半島の統一は、私達の父が生涯を通して願ってこられたところのあなたの祖国創建へと導くことでしょう。既にとてつもない基盤の準備はなされ、その夢は着々と実現可能になりつつあります。お父様、今年はもっと大きな成果がもたらされ、その分だけさらにその夢に近づいていくことができるよう導き祝福してください。

こんにちの世界は、宗教問題を中心として、たいへんな対立と混乱に巻き込まれています。お父様、私達はこの全ての混乱の中にあって、イエスの体であるキリスト教が、どれほど重要な役割を果たさなければならないのかを知っています。キリスト教は多くの宗教指導者達を感化して、宗教的、宗派的、信仰的な障壁を超越し、永遠なる平和の基盤を建設することが出来る、この時代の真の霊的指導者達となれるようにリーダーシップと代案を提示しなければなりません。これは私達のお父様が全公生涯を通して、絶えず説教し指導してこられた内容でした。こんにち、GPFの活動を通じて、あなたの真理と光が、信仰を持つ全ての者の前で輝くことができるパラダイムが既に立てられました。お父様、どうか今年一年、この運動が根づき、偉大な成果を収め、この夢がさらに実現へと大きく前進するよう導き祝福して下さい。

お父様、私達は環太平洋時代において、韓国と日本と米国という摂理的三ヶ国の役割が重要であるということも知っています。お父様、あなたは、あなたの実体的王国がこの世界に根付く為に、これらの国々が世界的舞台で国家的責任を果たせるよう、余りにも多くのことを準備してこられたことを私は知っています。お父様、再度あなたの祝福と恵みによって、これらの摂理がとてつもない実を結ぶことができるようお祈り致します。

天のお父様、私達は最後にはあなたの永遠の祖国と故郷を見つけ出し、あなたの永遠の王国の基盤を建設できる息子・娘としての使者(agent)になりますので、どうぞご辛抱(patient)ください。今日ここに集まった全ての人々が、私と私の家族と共にこの誓約を立てることを願います。そしてあなたが彼らの生活と彼らの家族の生活の中心となられ、彼らは世の中の模範になり、あなたの実体的王国建設の為に世界を導く真の解放されたあなたの息子・娘となりますので、どうぞ彼らを永遠に祝福して恵み、彼らの中に住(dwell)んで下さいますよう願います。どうか彼ら一人一人と共にいてください。

お父様、さらに今は私達が各自の行動に対して責任を持つ時代です。自身の行動に責任を持つ力がない者達の為に、他の人々が責任を負う時代は過ぎ去りました。お父様、どうぞご辛抱(patient)下さい、あなたの永遠の恵みと愛が勝ります、あなたの真理が凌駕します、あなたの正義が制覇します。そしてあなたのみ旨と基準を掲げて実現する為に不屈の精神で闘う人々がそこにいる限り、個人、家庭、社会、国家、世界的レベルで人類が作り上げたいかなる障壁と境界は必ずや崩れ去ることを知っております。

天のお父様、新年を迎え、この席に集まり、あなたの前に共に祈祷する機会を与えて下さったことに感謝申し上げながら、真の家庭の一員、文顯進の名前で祈祷しお捧げします。アージュ、アージュ、アージュ。」

<おわり>

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ
にほんブログ村
2016/07/19

新年午前零時の顕進様の祈祷(前半)

2016 零時

最愛なる私達の天のお父様、
私達はこの2016年の新年の到来を告げるためにここに集まっております。私達が過去7年間をふり戻って見てみますときに、私達の家庭だけでなく、私達の運動にも、そして何よりもあなたの摂理において、それを変革するような大変多くの出来事が起こりました。あなたが創造世界に対して果てしない投入と愛と献身を示されたことと、特に全人類に対するあなたの復帰と救済の摂理に対して、心から感謝いたします。あなたの最も大切な理想は生き続け、今それが植えられ、実を結び、あなたが人類歴史の初めから求め続けてきた変革が起きようとしております。

お父様、人類歴史の路程を通して、あなたはどれ程御苦労してこられたのでしょうか?しかしながら、私達、あなたの息子と娘は、あなたの真の愛と、自己犠牲と、そしてあなたの永遠で絶対的な献身と従順の心を理解することができないゆえに、あなたの恵みから落ちてしまいました。あなたは私達が同等の共同創造者になることが出来るようにと全てのものを与えて下さったにもかかわらず、何度私達は自分達の責任部分を果たさずして失敗してきたことでしょうか。私達の幼さと足なさゆえに、何が真に価値あるものかが見えないゆえに、永遠で絶対的な最も貴重なものから外れて、目の前にある刹那的でこの世の重要であると思うものために生きてきました。

お父様、今は絶対的な原理と価値が根付き、人間の良心が無知の状態を乗り越えて覚醒され、あなたの実質的主権が実現されなければならない時です。今は、人々の心の戸が開き、本心の力が解き放たれ、あなたの息づかいと神聖なる愛の暖かさを感じる時です。それにより、全ての男性と女性の心の中であなたの愛が脈動し、あなたが願うところの正義溢れる善の子女となろうと熱望するでしょう。

お父様、私達はあなたの血統に根付き、あなたの真の種を相続し、あなたの主権をもたらす為に、今一度、子供達の長子であるあなたの息子を主張することが出来る摂理の転換点を知っています。血統が所有権を代表するがゆえに、あなたは蕩減復帰摂理路程を通して、人類がその権利を立てる為に激しく戦ってこられました。私達は旧約時代を通して、イエスキリストが降臨する為の条件を立てる為に多くの犠牲が払われ、そしてその彼の短い公生涯がもたらした衝撃が、当時の世界だけでなく過去二千年の間、彼の教えを通して、人類の中に基本的人権と自由という高尚な観念である新しい霊的覚醒を開いていったことを知っています。

お父様、それこそがあなたがもう一度あなたの息子である、真のお父様を送った遺志(legacy)と伝統の理由です。お父様、最初のアダムはあなたを拒否することによって失敗してしまいました、そして第二のアダムはイスラエルの国家とユダヤの宗教指導者が彼と彼の新しい福音を拒否したときに、理想家庭を建設することが出来なくなりました。私達の父は、あなたの摂理の実質的な展開にとって必須である、真の愛の砦であり、真の生命の砦であり、真の血統の砦であるところの、その名のごとく、理想家庭の建設を果たすために再び送られてきました。たとえ多くの困難や挑戦、沢山の不信や誤解や非難に直面しても、彼は最終的にあなたと全人類と、更に天と地の王国の前に、あなたの生命の木とあなたの真の家庭の実体を宣言することが出来ました。

お父様、あなたはどれ程その勝利の瞬間を真のお父様と共に喜ばれたはずでしょう!あなたは、私達の父が燃えた摂理、次の世代に継承されるべく摂理、そして私達の父の精神とあなたが時の初めからこの地上に実現されようとした夢が生き続けるあなたの摂理を相続しようとするその若い家族が成長するのを見ながら、どれ程期待し、祈り、待ち望んだことでしょう。そうなれば、もっとこの地上にあなたの夢が実現されたことでしょう。

お父様、今の段階では問題と困難に巻き込まれたその家族の一員として、私は恥じることを禁じえません。私はあなたの前に立ち、あなたの恩寵を求め、あなたの愛を懇願すべく、許しを請い願うのです。その愛に私達は新しい目覚めに開かれるべく謙虚さと感謝を見つけるでしょう。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ
にほんブログ村