2016/08/05

真の父母様への特別書信 (7)

4)世界財団を中心としたグローバル経済エンジンの模索

UPFを中心にして、グローバル運動組織を建設すべき必要性と同じように、世界の全ての営利団体と活動は、世界財団(International Foundation)を中心に一つにならなければなりません。このような組織の支えなくして、すべての摂理活動は持続できません。まさにこのような理由から、お父様は私に世界財団を作るようにと責任を与えてくださったことがわかります。

お父様はよくご存知でしょうが、お金の使用と支出を統制する権力は、財政支援を受ける対象である非営利摂理機関を、破壊したり買収したりすることができる強力な武器になりえます。更には、摂理的な認識が少なかったり、無知な財政担当者の意思により、このような機関が振り回させることもありえるでしょう。財団は摂理機関を右往左往させたり、「正しい」決定をひっくり返したりする間違いを犯してはいけません。それを確実にするために、財政運用に関する苦情と不満を処理したり、監督調整機能を遂行したりすることができる孤立した機構が作られる必要があります。そうしてこそ、摂理のための公的な資金が、私的な利得や過度な影響力発揮に利用されることを防止できるのです。

愛するお父様、
私は、すでに公職を引き受けた98年から、お父様が願われる目標を達成し、新しい摂理の先頭に立つことができるよう、祝福家庭の文化と統一運動の基盤を作る為に、最善の努力を尽してきました。昨年末、私はお父様に、今、私達は分かれ道に立っており、私達がどのような「方向」を選択するかによって、私達統一運動と真の家庭の未来が決定されると申し上げました。

お父様、私は息子として、お父様の使命を助けること以外に、何も願うことはありません。そのための私の率直な態度が、少なからぬ誤解をもたらしたり、お父様の聖業を認めず、そしるように見えたかもしれません。しかし、これは私の純粋な意図とは全く関係がありません。人々が心ない言葉を作り出し、更には事実を歪曲するような環境の中で、私の純粋な若さと原理的感覚は、このようなことを許すことが出来ず、結果的に敵対的行動をとったりもしました。私が余りにも正直で率直であったため、時としてお父様の心に深い傷を与え、私自身にも取り消すことの出来ない不安をもたらしました。しかし、今になって私が悟ったことは、いくら真実と正直が重要だと言っても、家族内では、これを忍耐と理解する心でよく包み込まなければならないということです。

お父様、あなたの生涯の見本を通して、私は多くのことを悟ることができました。今日、私の立場に関してお父様が、何故私が山から降りて、再び公的な使命を始めたのかを聞いてくだされば幸いです。2005年の初め、お父様の指示の後、私はどのような困難なことが起こるかよく知っていましたので、自分の使命を更に進めていく力と意思を失っていました。私は、私たちの家庭の現実を余りにもよく知っていたために、真の家庭が公的に現れる時、真の家庭に対する信頼の薄さを最も心配していました。しかし、突然、私たちは、全ての欠点を持ったままで、世界の前に現れるようになりました。

私は、指導者たちの党派的文化と政治的関係が、私たちの家庭を汚染することは、時間の問題であることを知っていました。「類は友を呼ぶ」という言葉と「水は高きより低きに流れる」という言葉のように、私達の運動内にある境界線が、共通の目的と利害関係を持つ人々によって、私たちの家庭にまでもたらされることを知っていました。私にとってそれは、真の家庭の理想を根本的に壊すものとして、許すことのできないものでした。私は、自分の利益を優先する政治的な過程野体制の中では、神様を見出すことができました。そのために、いつも汚れのない自然が、私の「本当の教会」であり、そこで神様が私の中に存在していることを体験させてくださり、私の行くべき道を悟らせてくださいました。あの深いアラスカの山の中で、神様は私に山から下りて、お父様を助けて差し上げなさいと語られました。今はいかなる時よりも、お父様が私を必要としている、と悟らせてくださいました。

しかし、再び戻ってきた時の状況は、私が想像したよりもずっと難しくなっていました。私はその後、家庭の中ですら、私と私が行っていることに対して、多くの誤解を受けるようになりました。更に、偽りの考えが事実のように形作られ、私が真の家庭に関心を持たないで、強欲にも全てを支配しょうとし、周囲の人たちに謀略に振り回されていると攻撃されました。根拠のないでっち上げに私の兄弟たちが同調し、ご父母様さえも心が揺れ、ある時にはそれを認められるような印象を受けた時、私は当惑せざるを得ませんでした。人は歳をとり、時間が過ぎれば変わるものだと言いますが、生まれつきの根本的な性懍は変わることなく、むしろ生涯の経験を通して深さを増していきます。35年前の清平で、他の兄弟たちがご父母様と一緒に船に乗れるようにと、自ら後に残ったその子供、お父様がそのように記憶しておられるその子供に対し、このようなうそが投げられているのです。

お父様、摂理的なみ旨に根ざした共通の目的と方向性なしには、このような混沌と分裂は、次世代にも持続するでしょう。お父様の本当の「レガシー」を正しく認識し、お父様の波乱万丈な生涯の原動力になったその「夢」の相続を受けてこそ、本当に「一つになる」ことができます。お父様が創造原理を通して現された「神様の夢」が、私達統一運動は勿論、真の家庭を導く光とならなければならないと、私はいつも信じていました。ご父母様の直系だと言って、自然に神様と人類が願う真の家庭になるのではありません。真の父母様が、限りない試練と苦難を通して真の父母の立場にまで上がられたように、私達も、神様と人類が願う真の家庭になるために、私達自ら磨いていかなければならないのです。

お父様、私に対してご心配なさらなくても結構です。どのような困難と謗謗が私の前を塞いだとしても、お父様とみ旨のための私の覚悟と行動は続くでしょう。お父様の夢とレガシーは、私達を通して世界の前にずっと広がっていくでしょう。神様は実に神秘的に働かれます。お父様は、この摂理の最後の時に、父子協助がどのくらい重要かということを、私に語らえたことがあります。その時には私は理解できませんでしたが、このすべてのことを通して、今ようやく悟るようになりました。アダム家庭で、サタンは長子権、父母権、王権という三つの一を奪っていったとお父様は教えられました。それによってサタンは、血統と父子の関係を神様から奪っていきました。この理想を復帰するために、お父様は、私に公的な責任を与えられた時から、私に絶対的にお父様とアラインすることを願われました。しかし、それを感じる次元に留まり、今まで本当に「悟る」ことができませんでした。今になって、この悟りを得ることができるようにしてくださった神様に感謝を捧げ、お父様の大きな理解と忍耐に心から感謝いたします。

長い時間聞いて下さり、深い思いやりをくださったことに感謝申し上げます。孝進お兄さんの昇華で、心を痛めておられるご父母様を思いながら、更に一層、孝子の道理を果たして参ります。

あなたの愛する息子、顯進拝上
天一国8年3月23日

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント