2016/09/30

7月3日の顕進様の訓読会でのメッセージ(2)

7月3日の顕進様の訓読会でのメッセージの一部を個人のノートから紹介しています。

「なぜ長子の位置がとても重要なのですか?長男の役割は、神様に侍る正しい先例を立てることです。メシアの出現無くしては、神様の前に孝行の前例は立てられないのです。人類は無知に陥りました。メシアは(人類の)長子として来られます。何故、長子の概念を理解することがそんなに重要なのでしょうか?もし、1)長子権の重要性を理解できなければ、三大王権を理解することはできません。それが父子協助の背後の意味です。ということは、メシア的人物は彼の使命を次の世代に手渡すということです。

何故、神様はアダム家庭の二世のなかにおいて、堕落の経路を逆転したかったのでしょうか?カインとアベルの関係においても、それは長子権のための闘争だったのです。女性が堕落においての中心的役割を担ってしまったので、女性がキリストのための準備する先例をたてたように、女性は神の摂理を継続するための、来たるべき息子のための準備をする中心的役割を担っているのです。だからこそ、お父様は復帰節理時代における母子協助の重要性を説かれたのです。そしてお父様は母子協助の時代は終わり、今は2)父子協助の時代だと言われました。何故それがそんなに重要なのでしょうか?それが神の主権が立てられる基盤になるからです。」


「何故、長子権がそんなに重要なのでしょうか?それは神の種を代表するからです。子供達の一体化は長子を中心に築かれます。お父様の家庭のなかでは、お父様の子供たちは長子と一体化するものなのです。お父様の家庭全体は次世代の長子を中心としてひとつになるのです。長子を消そうとすることは自然な愛の法則に反することであり、それは三大王権全体を覆す事なのです。

次に、祝福家庭は長子を中心とした真の子女と一体化するものなのです。復帰路程においては、もしカインがアベルと完全に一つとなっていたらば、神様は長子権を復帰できたのです。しかしながら、反対にカインがアベルを殺害してしまいました。3)このカイン・アベルの一体化はカイン圏家庭を代表している祝福家庭と、アベルの立場にある真の家庭の間において成されなければなりません。もし祝福家庭が神のみ旨とお父様の方向性とアラインしていたならば、今日のような失敗は復帰できたのです。これが三大王権を中心にした神の主権を実体化するための基盤です。
教会の指導者達は天使長を代表します。彼らの理屈を見てください。“私は真の父母様と近い関係を沢山持ったので、あなたは私の言葉を真の父母様から来たととらえなければなりません”これは天使長が言った理屈と全く同じです。これは創造目的を無視するものです。」

「何故、今まで私達祝福家庭が私の言ったようなことをあまり考えてこなかったかというと、私が一度も話さなかったからです。それは私が神様と真の家庭に栄光を返そうと思ったからです。堕落した指導者達が、(その原理を)知られて理解されたくなかったから、背後に隠していたのです。4つの基本的質問を通して、どれだけ私たちが(原理を)理解しているかを示しています。ベールの下に隠されていたのです。サタンは半分真理を語りながら、もう半分は嘘をつきながら働くのです。私が再生のために提示した内容は、彼らの位置と立場を失わせるものだからです。彼らは神の目的ではなくて、自分の位置が欲しかったのです。彼らは私が教えようとしている内容を見て、自分たちの仕事に危機を感じたのです。」

「結局、お父様の家庭が最前線に来ることを、皆さんは理解しないといけません。(真の家庭は)神の摂理の中心だから、失敗の蕩減を払うようになるのです。皆さんはお父様の最後の祈りの中にどれ程の意味があるかを理解しないといけません。神の摂理に残された唯一の希望の光は、お父様が立てられた血統あったということです。

皆さんは今の時がどれ程重要かを理解しなければなりません。皆さんがどれ程祝福されているか、想像を超えているのです。たとえサタンが神の摂理において最も大きな猛攻撃をしかけてきたとしても、今神様は再度全体勝利を告げるのです。今皆さんは神の摂理の勝利的立場に立って、眠っている人々を目覚めさせ、果たすべき役割に気付くように彼らを助けるのです。そうすることで、私は神様と真の父母様と真の家庭が立つことができる神の実体的主権基盤としての基元節を奉献することができるのです。これは神様と真の御父母様と真の家庭と、さらに私たちの祝福家庭を開放する道なのです。」<おわり>


1) 真の家庭においては、弟が兄を屈服させる蕩減復帰としての使命はなく、本来の創造原理に基づいて長子を中心た子女に摂理が相続され三大王権をたてる使命があります。

2) 2000年以降お父様は何度も父子協助時代に入ったことを語られた。

3) 現在におけるカイン・アベルの一体化の摂理は、カインの子女としての祝福家庭とアベルの子女としての真のご子女様の間でなされる必要があります。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合(統一教会)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント