2017/11/23

FPAで活動している食口の証し5

6000双既成祝福の叔母は、皮膚筋炎・強皮症という2つの難病を患っており、7月に体調を崩し入院しました。筋肉が落ち皮膚が硬くなり、全身に痛みもあるようで、1人では立つ事も座る事も簡単ではない状態でした。そんな中でも、自分に今出来る事は祈りと敬拝しかないと、毎日120拝の敬拝を続けていました……本当に頭が下がる思いです。

その叔母に顯進様の事を伝えたいと思い 病院に行くのですが、 補聴器をしても大声で話さないと伝わらず 目も0.02とほとんど何も見えない状態で、 書いて説明することも出来ず どのようにしたら伝えられるのかと 途方にくれていました。そんな日々が続いた9/24 久しぶりに帰ってきた息子にその事を相談すると「ばあばはきっと分かるから、とにかくFPAの申請書を持って病院に行ってみよう」と言われ、2人で病院に向かいましたが、どのように切り出せば良いか、病院への道中もずっと考えていました。

不安を抱えつつ病室に入るや否や、叔母の方から「凄い夢を見たの」と話してきました。

お父様が夢に現れ、白い小さな紙を頂いた。それは受け取ったのに、次に出された白い大きな紙はすぐに受け取れなかった。躊躇はほんの一瞬だったのに、その瞬間お父様が消えてしまった。

その後、自分は失敗してしまったんだと気付き「お父様申し訳ありません」と、一晩中謝っていたとのことでした。実際に涙を流し声も出ていたから、同じ病室の人に聞こえていたかもしれないとも。人生で初めてこんなに真剣に謝った。恐ろしい夢だったと、話してくれました。

私と息子は思わず顔を見合わせ2人で申請書を出しました。叔母はその用紙を見た途端「これだわ!」「お父様が許してくれたのかなぁ」と、子供のように喜び、何度もお礼を言いながら、詳しい説明はしなくても分かるからと、私が代筆でサインをしました。  

その翌日月曜日に検査があり、明くる火曜日の検査結果を見ると、なんと数値が全て正常値になっていたのです。叔母の症状は入院からあまり改善することもなく、食欲も落ちていて不安な状態だっただけに、私たち家族だけでなく、医師達も驚いた様子でした。その後数回の検査や教授との話し合いを経て叔母は退院しました。

9/24にFPAの申請書を受け取り、10/5には退院になりました。10/6は叔父の聖和の日でもあり、本当に奇跡としか思えない事が起こりました。

日々感謝の心で、為に生きる叔母にお父様が直接下さった奇跡だと思います。

(埼玉在住M.K)

応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
2017/11/21

FPAで活動している食口の証し4

 私がこの摂理的混乱を知り、顯進様を知るようになったのは4年ほど前になります。日本のメンバーのほとんどは、真のご家庭との接点もご子女様との接点もなく、責任者からの報告やお話しでしか知ることはなかったと思います。

 私は4200名の宣教師として歩み始めてから、飛べない宣教師ではありましたが一度世界に出てみると、お父様の世界摂理や任地国を含めていろいろな国が何を求めているのかを本当に考えるようになりました。と同時に、日本の教会で聞く礼拝や摂理という名でひたすらKを推し進めていく姿に心の居場所がない状態でした。特に清平の祈願書や善霊堂が出てきたときには愕然として、私はこんな事のために信仰してきたわけではないのに・・・と本当にがっかりしながらも、自分には信仰も実力もないからだと言い聞かせ、子供達のためにも礼拝だけにはいかなくてはと教会に行っていました。

 お父様が基元節を目前にして聖和され、積み重なった疑問は爆発し、ネットを開き摂理的混乱と現実を知るようになりました。その中でも顯進様の出された公開書信を何度も読み「どうしても顯進様が語っていることが間違っているとは思えない」というのと「ああ、昔私はここにいた」という神様のみ旨やお父様の心情を感じる感動がありました。その時から当時はBCFAと言っていたと思いますが、この摂理的混乱をどのように理解し、私達が何を間違ってしまったのかを仲間の祝福家庭の方達と共にスタッフの皆さんにお世話になりながら勉強や交流をしてきました。

 我が家は長男がJr.STFを少しやっていたので、顯進様の「心情文化の主人」の本は2冊ありました。でも、当時の私は、それは2世に対して顯進様が語られたもので自分たち1世はお父様の御言を訓読しなければ!とほとんど読んだことがありませんでした。なので、顯進様が何を語られていたかをやっと慌てて読み始めました。すると、その内容は私達1世に語られていたこと、そしてその時も今も顯進様のおっしゃっていることは何も変わらず一貫していることに驚きました。自分がどれほど無知で愚かだったかを痛感することばかりですが、それだけでなく何よりも本心が解放されるのです。

 本来あるべき祝福家庭の姿からはほど遠く、課題ばかりでくじけそうにも正直なりますが、神様は今も生きて摂理され、その先頭に立って兄として懸命に歩んでおられる顯進様がおられるので、どんなに遠くても確実に光が見える今は本当に感謝です。私達の一歩は小さいかもしれません。ともすると間違った歩みゆえに穴埋めからのはじまりでもあります。それでも、今度こそ訓読家庭教会として家庭の中でも、地域の中でも為に生きる実践をしながら神様が願う心情文化を築いていけるように頑張りたいと思います。今は共に歩む祝福家庭の方達と小さなコミュニティーで月に1度訓読家庭集会をしながら、挑戦の日々です。

(静岡県在住 かたつむり)


以下の青色文字「顯進様の書信目録を読みにいく」をクリックすると、
顯進様の公開書信を一括掲載しているページに移動できます。
ぜひこの機会に合わせてお読みください。

応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
2017/11/18

FPAで活動している食口の証し3

 大学でキリスト教を知り、キリスト教とそれを取り巻く思想について関心を持っていた私は、1984年にお父様を知り1988年に6500双の祝福を頂きました。当時の私にとって、摂理とよばれる活動の中で、真の信仰者のあるべき姿が如何様であるかが、私の最大の関心事であり「お父様の伝統を相続した、本物の信仰者(当時の表現)でありたい」と願っていました。神様は、私のそんな祈りに応え、私を1989年9月よりアメリカの統一神学校に送ってくださいました。そこで私は神様が私をそこに送られた真意を祈り求めました。与えられて答えは、「外国という肉親の親・サタンの血統から相続した権利が有効でない場所において(殆どの人権が公に認められない場所)、お父様が最初に取り組まれた8段階の復帰を追体験することが最も重要なことである」という回答を得て、それに取り組む事を決意いたしました。

 決意したといっても、就労を初めほとんどの権利が認められない状況において、どのように生活し、どのように8段階を歩むべきかは、大きな課題でありお父様のみ言葉と祈祷のみが糸口でした。その中で、お父様が学生時代在日同胞韓国人からささえられていたことに気付き、私も地元の日本人が経営するジャパニーズレストランの皿洗いから僕の僕となって出発することとしました。その後、私の熱心さをオーナーをはじめシェフやウエイトレスまでも認めて下さり、自国民同様の扱いをしてくださるようになりました。その後、ニューヨークシティーに基盤を持つ日系企業のオーナーのもとで働くことになりましたが、その方はお父様を受け入れていましたが信仰生活がまだ立っていない方で、私がそのオーナーに仕えながら彼を逆に教育するというような立場となってしまいました。その後、相対者の献身的努力も実り最終的にオーナーは神学校の教授の一人と祝福を受ける事ができました。しかし、この会社は1994年に倒産してしまい、私たちは日本において再出発をしなければならなくなりました。

 日本に帰ってから、相対者の出身地である地域の教会に帰国の報告をして、その地域の教会に所属したい意志を伝えました。しかし、人事の書類がないという事で受け入れてもらう事ができず、私は独自に私の信仰を貫く以外に道がなくなってしまいました。そこで私は、やがて来たるべき時にお父様やお子様(お父様の勝利権を相続される方)達に役立つ社会的な立場を築くべく一般社会の中で努力していくことを誓い、教会を後にしました。

 その後、紆余曲折を通過しながら、最終的にはアメリカを代表する世界的企業の一つが日本に子会社を創設する際に、奇跡的にそこに受け入れられ、その流れでヨーロッパに本社を持つ別な世界的企業の日本支社長になることが出来ましたが、現在は独立しております。今は2つの会社を経営し、アセアン経済に影響を及ぼすことのできるNPOの理事も拝命しております。全てを神様と真の父母様への捧げものとして活動してまいりましたが、2015年にFPAと出会うまで安心してすべてを話し合う事のできる人は家族以外に存在せず、「人の子にまくらするところはない」と言われたイエス様や、御旨を一人で切り開かれたお父様の心情だけがよりどころでありました。現在私の会社やNPOの中には、私の経歴を熟知した上で支援してくださるクリスチャンや牧師、イスラム教の司祭もいらっしゃいます。

 このような私には、教会から追い出されても、独自で真実の道を求めお父様の力をかりずに自身の基盤を作ろうとされた顕進様の決意と行動はよく理解できます。お父様の伝統の相続とは、作法や儀式の仕方・権能を引き継ぐのではなく、真のお父様が作られた勝利権の相続であり、お父様が通過された路程を通りその器を準備しなければ受け取ることができるはずのないことです。また何の条件のなく相続することは、サタンが許すはずもありません。顕進様がお父様の元を離れることは、ある意味必要であった通過点であり、お父様の勝利権を相続する為に通過せざるをえなかった、顕進様の苦役路程であったと感じています。お父様の勝利を相続する為に、縦的な愛を貫き横的死を通過しなければならないことは、孝進様や興進様を見ても理解できます。また、顕進様のみ言葉や方向性を見ると、ホームチャーチ・南北統一等お父様の摂理の目標に基づき、お父様の目標とその心情圏を相続されていることがその言動行動から理解できます。お父様と顕進様は、神様の御旨を成就するための夢の親子チームに見えます。

 顕進様は、ご自身の努力でお父様の勝利権を相続する立場を造られ、今後その勝利をさらに発展させ地上天国の実現に向けて歩める方だと感じております。地上天国の実現こそが神様の創造目的の完成でありそこに必要なものは神殿や大伽藍ではなく、真の愛を中心に為に生き会うことのできる家庭を中心とした社会・国家・世界の実現です。顕進様の家庭こそが、その中心となる真の愛の実現した理想家庭であると実感しております。

東京在住、泉顕一(匿名)



応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
2017/11/17

FPAで活動している食口の証し2

昨日に引き続き、FPAで活動している食口の方の証しを紹介します。

証し2
 体調を崩し、しばらく入院しておりましたが、退院してから美しい秋晴れの空を見上げることがありました。その時、一瞬秋風と共に空に浮いていた白く雲がサッと消え、突如真青な空になりました。これは顯進様が、“このような真青な空のような人間になりなさい”と言っておられるのだと実感致しました。

 今まであまりうまくいかなかった人間関係の固い扉が開き始めたのを感ずることができました。今まで親切そうであった人々が急に冷たく去ってしまったり、難しいと思われていた人が実はそうでなかったりと驚くべきことがたくさんありました。

 私は細々と小さな商売をやっておりますが、いつも消極的で、平凡で、家族がどうにか暮らして行ければ良いという程度でしたが、顯進様と共に征くという決意をしてから、急に客が増え始めたような気がします。雨のひどく降る日に通りすがりの40代の青年が突然店に入ってきて、“守護霊様がこの店に入れ”と言うのですよ、“こんな不思議な店は初めてです。この店は来年から人が溢れて仕方なくなるでしょう”本当にビックリしました。顯進様と共に、世界の平和と理想家庭のことを考えるならば、必ず店は繁盛するという確信はあったのですが、本当に実現していくとは、嬉しい限りです。顯進様の御家庭が勝利されたことが人類にとってどれほどの喜びのことなのでしょうか。

 個人の店が繁盛するとか、健康がよくなるとか、そのようなものの比ではないのではよくわかりますが、世界人類がこの心情圏を共有できる日が近いことを願ってやみません。

(横浜市在住N.K.さん)

応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村
2017/11/16

(再告知)11月19日(日)櫻井節子夫人講演会開催!櫻井正上さんも参加します!!

 先日のブログでもお知らせしました通り、11月19日(日)に櫻井節子夫人を迎え「顯進様に見る希望」と題した講演会を開催します。日本の統一運動を長年支え続けてこられた櫻井夫人が、統一家の現状を深刻に憂い、いま何を思っていらっしゃるのか、組織から批判されることを覚悟に顯進様に会いに行かれ、その実態に触れて何を感じられたのかを語られます。アメリカ巡回講演会から先日帰国したばかりですが、一人でも多くの方に伝えたいと体に鞭を打って話してくださいます。また、櫻井正上さんもこの集会に参加され、ご自身の立場から櫻井夫人とは異なる角度でお話をされます。「見るな、聞くな、触れるな」とはなから敬遠されるのではなく、ぜひご自分でお確かめになり、ともに考え、話し合えればと思います。

開催日時や場所などの詳細は以下の通りです。

日時 :2017年11月19日(日)14時から17時
場所 :TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター、カンファレンスルーム4P
         (東京都中央区京橋1-7-1戸田ビルディング4階)
参加対象 :全祝福家庭(高校生以上)
参加費 :1,000円
参加申請方法 :オンライン(こちらから
     電話042-430-2714
     メール yuusinokai2016@gmail.com
         電話、メールで申請される方は、お名前とご一緒にお電話番号、
                       メールアドレス、この集会をお知りになったきっかけをお伝えください。

171119櫻井夫人講演会再告知チラシ  

応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村